笑顔の女性と薬
手のひらにある薬

避妊薬はその名前の通り、妊娠を避け、避妊をする目的の薬です。
欧米では性教育の授業が子供が小さいころから行われ、そういった事情も環境が整っていますが、日本ではまだまだ知られていないことがたくさんあります。
まず、男女の性行為で、避妊は男性のコンドームが一般的で、それが主流だと思われています。
中には、コンドームを装着せずに、射精することで避妊になると思っている人もいるくらいです。
確かに、コンドームで避妊は可能ですが、コンドームは破れることもありますし、完全に避妊をすることができません。
失敗する率も高いです。
男性にばかり依存するのではなく、女性側も意識高く、性に関しては持っていたいものです。
プラノバールに代表される、経口避妊薬がおすすめです。
こちらを決められた容量・用法を守って服用すると、望まない妊娠を避けることができます。
ピルを服用することで、初めて避妊していると完全に言えます。
コンドームだけでは不十分なのです。
女性で結婚して将来的には子供が欲しいと考えている方は、その期間は避妊薬の服用をやめればいいのです。
薬は服用している期間だけ効き目があります。
また、ピルは月経不順もコントロールしてくれます。
生理の時に経血が多い、少ない、また数か月に1度や1か月に2回くるなど、異常がある人は特におすすめです。
生理前症候群という病気があるくらい、女性は生理一つでさまざまな悩みを抱えます。
ホルモンバランスの乱れでお肌が荒れることもありますし、精神的に余裕がなくなり、突然悲しくなって泣き叫ぶ症状まで出るくらいです。
さまざまな生理トラブルを解消してくれ、また避妊の役目も果たしてくれ、生理の周期を整えてくれる、とても心強い薬なのです。