笑顔の女性と薬
  • ホーム
  • 用途に合った避妊薬を選ぶ

用途に合った避妊薬を選ぶ

自信を持っている女性

女性ならではの月経の悩みに利用することも増えている避妊薬ですが、使用する目的はそれだけではありません。
ひとそれぞれいろいろな用途で利用するため、目的や体質によって最適な避妊薬は異なってきます。
自分で判断できなければ、医師に相談して適切な薬を紹介してもらいましょう。
では、どんな目的で利用できるのでしょうか。
まずは避妊目的です。
妊娠を望んでいない場合は万が一の間違いないようにするために、あらかじめに避妊薬を飲んでおくと安心です。
この場合は毎日コツコツと飲み続けることになるため、飲む回数やタイミングが負担にならず、しかも避妊が確実でできるようなある程度高い効果の薬を選ぶことが大切です。
次に月経がひどく、その症状を緩和するために服用する方法もあります。
例えば月経痛がひどく生活に支障がある場合、月経のサイクルが崩れていてピルを使って人工的に月経を起こさせて、ある程度体の周期を導くなど、女性機能を正しい状態に整えるサポートとしても利用できます。
この場合もある程度の期間は服用することになるため、忘れることがないように服用しやすいもの、女性機能に十分に働きかける中用量から低用量が適しています。
このタイプなら急激な変化にはならず、副作用もあらわれにくく子宮内膜症などの改善にも効果を発揮します。
避妊薬は女性ホルモンを人工的にコントロールする薬です。
女性ホルモンには月経以外にも女性らしさを司る大切な働きがあります。
その1つがお肌を整えることです。
女性ホルモンは柔らかい女性ならではの肌の形成するのに欠かせません。
そのためニキビや肌荒れなど肌トラブルを整えるために、女性ホルモンの詰まった避妊薬を飲むケースも増えています。
この場合は低用量で十分です。