笑顔の女性と薬
  • ホーム
  • 避妊薬の種類ってどれくらいあるの?

避妊薬の種類ってどれくらいあるの?

薬を飲む女性

避妊薬にも種類があります。
これを使い分けることで目的に合った効果を得ることができますし、不要な副作用もなく快適な生活を送ることができます。
病院で処方してもらうときには目的や体質を相談することで、適切な種類の避妊薬を医師が選び処方してくれますが、自分でもどんなものなのかを知っておくことは大切です。
自分でもある程度は知識を持っておくと、自分に合うかなどを判断することもできます。
まず、大きく分けて避妊薬には3種類あります。
高容量、中容量、低用量とホルモンの量によって分かれています。
高容量や中容量は配合されているホルモン成分が高いので、避妊や婦人科系の悩みの改善などに利用されることが多いです。
例えば月経困難症や月経不順です。
これらはある程度ホルモンを避妊薬でコントロールして、体の中に変化を起こさせる必要があるので高容量や中容量が必要になります。
しかし、その分、初期は体の変動が大きいので不快に感じる症状が出るケースもあります。
次に低用量は比較的穏やかな変化をもたらすため、肌トラブルや月経トラブル、避妊効果もあります。
体の急激な変化が少ないので優しい避妊薬とも言われています。
また、別の分け方として、ホルモンの配合パターンによって種類分けができます。
黄体ホルモン、卵胞ホルモンが同じバランスで配合されているものを一相性と呼び、前半は黄体ホルモンは少なく、後半多くなるものを2相性、黄体ホルモンが3段階でだんだん多くなるものを3相性と呼ばれています。
使ってみて自分に一番負担の少ない種類を選ぶと、体にも優しく違和感の少ない避妊薬となるでしょう。
目的や特徴を理解して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧